むずむずやかさかさをかるくする

【公式】乳酸菌ものがたり

乳酸菌をとるタイミングはいつが良い?朝、夜、寝る前で効果に違いがあるので、とるタイミングには注意が必要

更新日:

乳酸菌 タイミング 朝 夜 寝る前

体にいいといわれる乳酸菌。その効果を上げるタイミングがあるのか気になりますよね?

ということで今回は乳酸菌をいつとればいいのか紹介します。

乳酸菌の効果を感じていない人は、参考になる内容になっているので覗いてみてくださいね。


乳酸菌をとるベストなタイミングはあるのか?

乳酸菌に効果的なタイミングというのは、結論からいうと乳酸菌をいつとっても大差はありません

というのも、乳酸菌について研究がたくさんありますが、時間によって効果の差が出る研究結果が出ていないからです。

なぜならどの時間であっても、乳酸菌は腸にたどり着くことができるから。要するに効果の差を感じるのはわずかだということです。

しかしそれでも効果を高めたいですよね?その効果を高めるタイミングがいつなのか紹介しますね。

食後のほうが乳酸菌の効果が高い

乳酸菌の効果が高い状態というのは食後です。

それは胃から出る胃酸が大きなポイントになります。

乳酸菌は意外にもデリケートな菌。なぜなら熱や胃酸で死滅してしまうことがあるからです。

その影響を受けにくいのが食後になります。

というのも、1番胃酸が弱まっているのが食後だから。つまり食後に乳酸菌をとることが、絶好のタイミングになります。

重要なのは毎日乳酸菌をとり続けること

しかしながら効果には大差がないことから、1番効果を実感するのはタイミングよりも、乳酸菌を毎日とり続けることが重要になります。

それは乳酸菌が活躍する場所は「腸」。その中に乳酸菌が定着することで善玉菌が増え続けるんです。

腸内環境を整えることで乳酸菌の効果を実感しやすくなるので、毎日続けて乳酸菌を増やしていきましょう。

朝、夜、寝る前?効果の違いを紹介

乳酸菌 タイミング 朝 夜 寝る前

乳酸菌が入っている食べ物であるヨーグルトを朝食に食べている人が多くいますが、いいタイミングといえるのか気にならないでしょうか?

乳酸菌を朝にとっている人は、とる時間をかえてください。それがなぜなのか具体的に説明しますね。

朝に乳酸菌をとるのは効果的なのか?

胃は空腹時が活発に働くという話をご存じでしょうか?

このことでわかるように、朝は何も食べていない状態が長く続いていることで、胃酸がたくさん出てきます。

ということは、胃酸に弱い乳酸菌にとってあまりいい環境ではないため、タイミング的にはあまりよくありません。

しかし悪いことばかりではなく、「朝何かを摂取するのは続けやすい」というメリットもあるので、使い分けるといいかもしれませんね。

寝る前に乳酸菌にとるのは効果的か?

先ほどの朝とは逆に、乳酸菌を寝る前にとると体によさそうですが、これもよくありません

これは寝るときに影響が出る「自律神経」が大きく関わってきます。

というのも腸の中に食べ物がある状態だと交感神経が活発に働き、自律神経が乱れてしまいます

するとその影響で腸の働きが弱まって、乳酸菌の働きも弱めてしまうわけです。

要するに乳酸菌の効果をアップしたいなら、リラックス状態をうまく作ることが重要になります。

なぜなら活発になった副交感神経が、自律神経が整うことで腸が活発になるからです。

このことは乳酸菌に限らず、どの食べ物でもいえることなので注意してくださいね。

夜に乳酸菌をとるのは効果的か?

これまで紹介したように、朝や寝る前が効果的でないのなら夜が最適?そう思っているあなたは、そのとおりです!

夜に乳酸菌をとるのが、タイミングとして1番効果的です。

これも先ほど紹介した自律神経も関係してきます。

腸というのは、リラックス状態になっているのが望ましいと紹介しました。それは副交感神経が働くからです。

夜はリラックスできる最高の環境になります。ということは腸の環境的にも好都合です。

しかし寝ている時、腸の中に食べ物が残っているのは逆効果でしたよね?これを解消するには最低でも睡眠の2時間前に、乳酸菌をとっておくといいでしょう。

すると寝ている間に善玉菌が腸の中に増えていき、腸が活発になっていきますよ。

・リラックス状態になると腸が活発に働くので、夜に乳酸菌をとる。

・乳酸菌の摂取を2時間我慢して、腸の中に食べ物が残らないようにする。

乳酸菌をとる前に食物繊維をとろう

乳酸菌 タイミング 朝 夜 寝る前

さらに乳酸菌の効果を上げたい人は、乳酸菌のエサとなる食物繊維を先に食べておきましょう

なぜ食物繊維が最適なのか?それは、胃酸にそこまで影響されない特徴を持っているからです。

胃酸に影響されないということは腸にまで届いてくれます。

それをエサにすることで腸の中で乳酸菌が増えていき、さらに活発にしてくれるんです。

とくにおすすめは「水溶性食物繊維」。というのも乳酸菌と相性がよく、分解されやすいのが特徴だからです。

水溶性食物繊維が多い食べ物を紹介しておきますので、参考にしてみてくださいね。

  • 青汁
  • 切り干し大根
  • にんにく
  • 乾燥いちじく
  • いんげん豆

必ず時間をチェックしてください。食物繊維をとった30分後くらいに乳酸菌をとるようにしましょう。

まとめ

今回は、乳酸菌の効果的なタイミングを紹介しました。

とくに大きな差はないにしろ寝る2時間前くらいの夜に乳酸菌をとることで、胃酸の影響を受けずに腸まで届いてくれます

さらに腸の活動をアップさせたいのなら乳酸菌をとる30分前に、食物繊維を取り入れましょう。乳酸菌が増えておすすめですよ。

できたら毎日これを続けていくことで腸の中に乳酸菌が増え続けるので、徐々に体質が変わっていきます。続けやすい環境を模索してみてくださいね。

参考サイト

-乳酸菌
-, , , ,

Copyright© 【公式】乳酸菌ものがたり , 2019 All Rights Reserved.