アレルギーやアトピーの症状をかるくする

乳酸菌ものがたり

乳酸菌を定着させるためにやるべきこと!定着しない乳酸菌の定着率を上げる方法と定着しやすい乳酸菌

更新日:

乳酸菌 定着 定着率 ストップ 標識

お腹の調子をよくするためには、乳酸菌の定着率を上げたほうがいいというのを、耳にしたことがあるでしょうか?

たしかに乳酸菌の定着率を上げられるなら効率的ですが、基本的に乳酸菌は定着しないんです。というわけで今回は、乳酸菌の定着率について紹介します。

乳酸菌の定着率を上げる方法とは?

乳酸菌 定着率 アップ 方法

乳酸菌が腸内で定着しないのは確かです。しかし全然定着しないわけでなく、少しずつなら定着率を上げることができます

その定着率を上げる方法とは、毎日の食事で腸内の乳酸菌を増やすことです。つまり定着させるというよりは、乳酸菌を育てるというべきでしょう。

ではどのようにすればいいのかを紹介します。

乳酸菌を増やす食事を毎日する

乳酸菌というのは腸についてしまう前に胃酸などによって死滅してしまいますが、その死滅したものが腸内の乳酸菌のエサになるんです。

つまり食べた乳酸菌を定着させるわけでなく、乳酸菌を増やすために摂取するわけです。ということは乳酸菌でなくても、エサとなるものを食べることも重要になります。

そのひとつとしてオリゴ糖がおすすめです。なぜなら生きたまま腸に届くといわれている、ビフィズス菌の大好物だから。ということはビフィズス菌を少しでも摂取して乳酸菌を増やしつつ、定着率もアップできるわけです。

定着しない乳酸菌もうまく活用

ちなみにいくら定着しないからといって、全く効果がないかといわれるとそうでありません。腸内に乳酸菌が入ると、半日程度は腸内環境が整うように働いてくれるんです。

ということは毎日乳酸菌にいい食べ物をとることで、定着したかのように腸内には乳酸菌がたくさんになるわけです。

要するに少しずつ乳酸菌を増やしつつ、定着しない乳酸菌も仕事をすることで一石二鳥になります。

悪玉菌を減らす食物繊維をとる

乳酸菌を増やす食べ物だけでなく悪玉菌を減らす食物繊維をとるのも、乳酸菌の定着には重要です。これを説明するには腸内フローラのことを知る必要があります。

腸内フローラとはビッシリ腸内の壁に菌が張り付いている様子が、お花畑のように見えることからこの名前がついています。

もちろん腸内フローラの中には悪玉菌がいるのですが、悪玉菌を少しでも減らすと、外からとった乳酸菌を定着させるスペースができるんです。

ちなみに以前の研究から乳酸菌が定着できないといわれていましたが、最近の研究の中には「腸内フローラのバランスが変わる可能性もある」という結果もあります

つまり悪玉菌を減らして乳酸菌を少しずつ増やす努力は、無駄ではないわけです。

・悪玉菌は食物繊維で減少する(おなかの調子と食物繊維の関係とは?)

・腸内フローラのバランスが変わる可能性もある(腸内フローラと食品・乳製品)

定着しやすい乳酸菌は存在するのか?

乳酸菌 定着 疑問 はてな

そもそも定着されないとされている乳酸菌ですが、多くのことがまだ解明されていません。というのも先ほど紹介したように、乳酸菌が定着するかもしれない研究結果があるからです。

また腸内に定着しやすいといわれる「ロイテリ菌」という乳酸菌が有名になりつつあります。ヒト由来の乳酸菌ということから、定着しやすいといわれています。

ちなみにロイテリ菌は女性の母乳から検出された乳酸菌で、現在では歯周病やピロリ菌にも効果的といわれているんです。

さまざまな健康効果を上げられるロイテリ菌入りのヨーグルトを毎日食べると、腸内環境を整えやすいでしょう。

・ロイテリ菌という乳酸菌が有名(Lactobacillus reuteri(ロイテリ菌)に関する研究結果)

・ロイテリ菌は女性の母乳から検出された乳酸菌(患者様説明ロイテリ菌レポート)

乳酸菌が定着しない原因

乳酸菌 定着しない 原因 電球

乳酸菌は腸内環境に大きな影響を与えるとても大切な菌ですが、じつは定着せずに便と一緒に流れ出てしまいます

というのも、これには原因があるんです。その原因から大きく定着率を上げられませんが、先ほどの対策をしっかりすることで、効果をアップさせられるので安心してくださいね。

ではなぜ乳酸菌は、定着をしないといわれているのでしょうか?

生後1年間で住みつける菌が決まってしまうから

じつは生まれてから1年で、腸内に住んでいる乳酸菌は決められてしまうんです。

というのも赤ちゃんは、ママのお腹から生まれて触れあった瞬間に、体の中に菌が住みつき始めます。

もちろんそれだけでなく、母乳や離乳食からでも腸内環境が変わりやすく、そのときの生活環境はかなり重要になるわけです。

そして1歳になるところで腸内に住める乳酸菌は決まり始め、それよりも新しい菌はどんな菌であろうと異物だと体内は錯覚。つまり口から食べた乳酸菌は排出されるわけです。

ムチン層の存在も大きな影響

ちなみに腸内の乳酸菌は、「ムチン層」といわれる乳酸菌が住みやすい層があり、この層のある特徴のせいで食べた乳酸菌が定着しにくいんです。

その特徴とは、血液型によって相性のいい菌がそれぞれ違うこと。要するに人によって相性がいい乳酸菌がそれぞれ違い、腸内環境を整えやすい乳酸菌が断定しにくいわけです。

まとめ

今回は乳酸菌の定着について紹介しました。

基本的に定着率を大幅に上げる方法はありません。ただ、毎日の食事によって乳酸菌を少しずつ増やしつつ、悪玉菌を減らすことが重要になります。

また定着しやすいといわれる「ロイテリ菌」を、毎日摂り続けることも腸内環境を整えるのに効果的です。本格的に腸を元気にするなら、諦めずに食事の見直しをしましょう。

参考サイト

-乳酸菌
-, , ,

Copyright© 乳酸菌ものがたり , 2019 All Rights Reserved.