むずむずやかさかさをかるくする

【公式】乳酸菌ものがたり

L-92乳酸菌アレルケアに含まれる菌の数と料金を比較!死菌と生菌の違いと、善玉菌の含有量とコスパからおすすめ乳酸菌食品を紹介

更新日:

アレルケアに含まれてるL-92乳酸菌の数ってどのくらいなんでしょうか?他の、ノアレやラブレ、明治R-1や善玉菌のチカラなどと比べて、数ってどれが一番多いんでしょうね。

調べてもまとめてあるサイトが見つからない...。
ならば作ってしまえばいい。

ということで、L-92乳酸菌アレルケアとその他の乳酸菌商品の乳酸菌の含有量と、1日あたりの料金の比較表を作りました。

どの乳酸菌がいいのかな〜って迷ってる方、必見ですよ。

アレルケアとその他の商品の比較表

L-92乳酸菌アレルケアと同じく、カラダの中からバランスをとるの乳酸菌(類似品)の菌数を比較しました。

  アレルケア ラブレ 善玉菌の
チカラ
ノアレ
(noale)
明治R-1
菌の数 不明
(20.7mg)
60億個 20億個 不明
(50mg)
20億個
菌の種類 L-92
乳酸菌
ラブレ菌 クレモリス
菌FC株
KW3110 1073R-1
菌の状態 死菌 生菌 生菌 死菌 生菌
1日あたり
の費用
通常購入で
70円/日
通常購入で
150円/日
通常購入で
82円/日
通常購入で
72円/日
126円/日
評価  ◯

アレルケアが1日あたりの料金で一番安くなりました。明治のR-1とかスーパーやドラッグストアでも買える商品より50円以上安いですね。

ただ、死菌を使ってるアレルケアとノアレについては、最新の菌の数が記載されていませんでした。アレルケアは以前330億個と書かれてたんですが、いまは正確な情報が書いてありませんので参考までに。

ちなみに、多くの菌数をとりたかったら、生菌よりも死菌の方がいいですよ。

死菌は、生菌と違ってギュッとまとめられてますので、たくさんの数がとれます。

生菌と死菌の違い

ただ、ちょっときになるのが菌の状態が生菌か死菌かってことです。なんとなく生菌の方が良さそうな気がしますがどうなんでしょう?

実は、生菌にも死菌にも意味があるんです。

生菌とは?

別名プロバイオティクス!「生きて腸に届く乳酸菌」と言われる乳酸菌です。その一番の特徴は「生きて腸に届くことで免疫力を高める」ってことです。

ただし、生菌は腸に届くまで胃酸や胆汁でほとんどの乳酸菌が腸に届く前に分解され死んでしまいます。なので、ヨーグルトやドリンクから生菌を腸に送ろうとしても、ほとんど腸まで届かないんです。

さらに、腸に届いた菌も腸に定着することはほとんどできません。理由は、腸内フローラは一人ひとり固有のものなため、外から入ってきた乳酸菌が定住することがほぼ無いからです。

なので、たくさん生菌をとったとしても、ほとんどが胃酸で分解されちゃって、残った少しが腸まで届きますが定着できずに最終的には排出されちゃうってわけです。

腸に届いた生菌が多少は腸内環境を改善してくれますが、生菌だけを摂っても劇的な腸内環境の改善は難しいと思います。

んじゃ、どうしたら良いの?って言う時に、死菌がいい働きをしてくれます。

死菌とは?

別名バイオジェニックス!文字通り既に死んでしまっている菌です。つまり、わざと生きてる菌を殺菌した菌のことです。

「わざわざ死んでいる菌を摂取しても意味ないんじゃないの?」って思うかもしれませんが、ちゃんと意味があります。

死菌の特徴は、そもそも死んでいるので胃酸で分解されないってことです。加熱調理もされているので、胃酸などで溶かされないとても高い安定性が特徴です。なので、生菌より死菌の方が菌を大量に腸まで送り込めるんです。

しかも、死菌は腸の状態にかかわらず腸に作用して、善玉菌のエサとなり既に腸の中にある善玉菌を元気にしてくれます。

まとめると、生菌を摂取してちょっとしか腸まで届かないより、死菌を摂取していまいる腸内の善玉菌たちを元気にしたほうが効率がいいってわけです。

なので、腸内環境の改善をするなら、少しの生菌を送り込むよりも大量の死菌を送り込んでエサを与える方が効率的ですよ。

一番いい摂取方法は?

でもなんだかんだ言って、一番いい摂取方法は、生菌+死菌のコンボ(併用)です。

生菌を腸の中に送り込みつつ、死菌でエサを与えパワーアップする。腸内環境の改善にはコレがベストな方法です。

とはいえ、乳酸菌をとるにしてもお金がかかります。生菌が入ってるスーパーでよく見るR-1乳酸菌なんて、1本で126円もします。これを毎日、何ヶ月も続けるのは、結構つらいですよね。

なので、乳酸菌の効果を試してみたいってかは、まずは効率がいい死菌の摂取から試してみるといいと思いますよ。

一番は生菌+死菌の摂取ですが、2番目は死菌の摂取、3番目に生菌の摂取です。
コレだったら、2番目の死菌の摂取から始めてみてはいかがでしょうか。

死菌を使った乳酸菌の商品で一番オススメなのは、人気があって安くて継続しやすいアレルケアです。乳酸菌サプリ販売数1500万個超えで、めちゃくちゃ人気がありますよ。

実際に使ってみても、安くて、飲みやすくて、毎日快適でいい感じです。ぐずぐずしないっていいですね。

さすが乳酸菌の研究を続けているアサヒカルピスウェルネスの商品です。

・乳酸菌を手軽に摂取したい
・効果を実感したい
・できるだけ安く飲んでみたい

そんな方に、アレルケアは特におすすめです。定期お届けコースに加入すれば、初回限定で20%OFFで購入もできますよ。

アレルケアのことが気になる方は、詳細を確認してみてください。

アレルケア パウチ 商品画像

アレルケアに含まれれている成分

そんなアレルケアですが、どんな成分や添加物で作られてるんでしょう?こちらもまとめてみました。

原材料名
・麦芽糖(トウモロコシ、馬鈴薯、甘藷)
・でんぷん(キャッサバ、トウモロコシ)
・乳酸菌(L-92乳酸菌)

添加物
・植物油脂(菜種)

の4つだけです。めっちゃ少ないですね。

わかりづらい成分の説明をしておくと
馬鈴薯  :じゃがいものこと
甘藷   :サツマイモのこと
キャッサバ:タピオカの原料の芋のこと

です。薬じゃないので、カラダに悪そうなものは入っていませんね。

添加物も菜種油が1日分に0.03mg入ってるだけなので、極微量です。この量なら、ほぼ影響はありませんね。

特に、トウモロコシ、じゃがいも、サツマイモ、キャッサバ、L-92乳酸菌、菜種にアレルギーがある人以外は摂取しても問題なさそうですよ。

逆に、アレルギーがあるひと、摂取に不安があるひとは、摂取前には必ずお医者さんに相談してくださいね。

まとめ

今回は、乳酸菌関係の菌数とコスパを検証してみました。

  • コスパが一番良いのがアレルケア
  • 死菌と生菌なら、死菌の方が腸内環境改善には効果的

という結果になりました。

アレルケアを作ってるアサヒカルピスウェルネスは、乳酸菌食品のエキスパートだからこそコスパを良く、菌数が多い商品を開発できたってわけです。

死菌(既に殺菌された菌)で乳酸菌を摂取するなら、アレルケアがおすすめです。

 

参考情報
・大和薬品株式会社(生菌でも死菌でも効果は変わらない

-アレルケア, 乳酸菌
-, , , , ,

Copyright© 【公式】乳酸菌ものがたり , 2019 All Rights Reserved.