アレルギーやアトピーの症状をかるくする

乳酸菌ものがたり

健康補助食品のアレルケアって医療費控除の対象になるの?特定保健用食品(トクホ)でも対象外なので控除対象外でNG

更新日:

アレルケア 医療費控除 健康補助食品 ノート ドルマーク ペン コーヒー

アレルケアは健康補助食品なので、医療費控除が受けられるかも…と想像ができるかもしれませんが、基本的に健康補助食品は対象外なんです。

ということで今回は、アレルケアが医療費控除の対象になるのか?医療費控除についても、簡単に紹介しておきます。

医療費控除の対象はどこまで?アレルケアは含まれるのか?

アレルケア 医療費控除 対象にならない バツ 手 2人

お金が返ってくるかもしれない医療費控除。アレルケアに払ったお金まで返ってきたら、ラッキー!と思うでしょう。

しかしこの医療費控除の仕組み上、アレルケアのお金は返ってきません。というより対象外なので、申し込む段階でNGが出ます

これはどういうことなのか?納得いかないと思った人がいるかもしれないので、具体的に見てみましょう。

アレルケアは健康補助食品だからNG?

そもそも医療費控除というのは、医療に関係する費用を支払った場合に、返金する制度のこと。医療費以外はすべて対象外とみなされるんです。

ちなみにアレルケアは、健康を促すために作られた健康補助食品。ですから医療費控除の対象外となります。

ちなみにどこがダメなのかというと、「治療として認められない」ということ。病気を完治するために、作られたものでないからなんです。

アレルケアのような健康食品を取り入れることが、医療行為として認められていないからなんですね。

・医療費を支払いすぎたら、返金する制度が医療費控除(医療費を支払ったとき

・アレルケアのような健康補助食品はNG(医療費控除の対象となる医療費

R-1ヨーグルトが医療費控除の対象になったら大変なことに…

むしろアレルケアが医療費控除として認められた場合は、R-1ヨーグルトだって控除の対象になってしまいます。

そもそもこのR-1ヨーグルトは、「インフルエンザを予防できる」といわれているもの。アレルケアと少し似ていないでしょうか?

もちろんR-1ヨーグルトも医薬品でなく食品。アレルケアと同様に食品扱いになると、医療費が大変なことになってしまいますよね?

極端なことをいうと、食べ物すべてが医療費控除の対象となるので、お金が返ってくるわけですから…。つまりアレルケアも残念ながら、医療費控除の対象になっていないわけです。

医療費控除とは基本的に何なの?

アレルケア 医療費控除 健康補助食品 机 ノート 悩む女性 うつむいている

ではそもそも医療費控除ってなんなの?と、疑問に思ってしまうでしょう。

簡単にいうと、たくさん医療費を支払いすぎた場合、少しでも負担を減らしてくれる控除のこと。ちなみにこの返ってくるお金は、税金を使っています。

基本的に対象になるかどうかは、「医療として認められるかどうか」という点になるでしょうね。

基本的に病気やケガのための治療を受けたもの

医療費として認められるものというのは、治療を目的に使ったもの。ですから基本的に医師が指定したものに、限られていると思うのが妥当でしょう。

例外があるとすれば、入院中に出される病院食の食費。これは医療費として認められます。医師が指示を出して入院をしているからです。

しかし入院中に担当医がアレルケアを、持ってくることなんてあり得ないですよね?それはアレルケアが医薬品としては、認められていないから。治療が目的で作られていないんですね。

病院で行う人間ドックだって対象外?

自分の健康状態を知るために、検査をしてもらえる人間ドックを受ける場合、病院へ行きますよね?これも医療費控除になるのか気になるでしょう。

しかしこの人間ドックは、病気のところがないかを見るためにする診断。つまり治療が目的ではないので、これも医療費控除の対象になりません

すべて医師の判断がないとNGということを、頭に入れておくと判断がしやすいですよね。

人間ドックを受診するのを決めるのは自分自身。それはすべて医療費控除の対象にならないわけです。

医療費控除を受けるためには確定申告が必要!税務署の人に聞いてみるのもあり?

アレルケア 医療費控除 健康補助食品 対象になる? 疑問 相談 スーツの人 コーヒー

じつは医療費控除を受ける場合は、確定申告をしないといけません。確定申告とは、所得に関する税金を計算するために必要な手続きのこと。

医療費控除は税金で支払ってくれるので、その額を計算するために、必ず確定申告をしないといけないわけです

ちなみにこの確定申告は、税金の管理をしている税務署に行かないと申告できません。少し面倒と思うかもしれませんが、逆にチャンスになる場合もあります。

それは税金や控除に関してのプロと、話ができる場を設けられるということ。申告してもらえるのは、税務署にとってもうれしいので、喜んで相談にのってもらえます。

つまり医療費控除について、気になることを聞いてしまえば、得をするチャンスもあるわけです。

・医療費控除を受ける場合は、確定申告をする必要がある(確定申告とは

・税金や控除について税務署に聞いてみよう(初めて確定申告される方

まとめ

今回はアレルケアが、医療費控除の対象になるのか?医療費控除について紹介しました。

アレルケアは健康補助食品となるので、医療費控除でお金が返ってこないばかりか、対象にすらなりません

医療費控除は、治療を目的として使った費用については、お金が返ってきます。しかしアレルケアのような健康を促すものすべて、対象外なので注意しましょう。

もし気になることや疑問があるようなら、確定申告をする際に、税務署の人に相談するといいかもしれませんよ。

参考サイト

-アレルケア
-, ,

Copyright© 乳酸菌ものがたり , 2019 All Rights Reserved.